不要になったカメラレンズを買取業者に頼む際の注意点や相場の読み方について

カメラ7

カメラを趣味にする人にとってレンズはこだわりを持って選ぶパーツですが、高額であることから中古品の需要が高い傾向があります。そのため、不要になったレンズは中古屋に引き取ってもらうことで高く売ることができる上に、他のカメラ好きの人にも喜んでもらえます。

カメラをより深く楽しむためにも中古レンズの買取相場の読み方や中古屋の選び方について学びましょう。

使わなくなったカメラのレンズを処分する方法

カメラの買い替えや新型レンズの購入などで不要になったカメラレンズをそのまま捨てるのは非常にもったいない行為です。性能には一切の不具合が無いのでカメラに詳しい中古屋に買取依頼をするのが賢い処分方法になります。

カメラは趣味の中でもこだわりが強く、中でも撮影に不可欠なパーツであるレンズは形状のわずかな違いが撮影に大きな影響をもたらすことから、一人でいくつものレンズを持つのは珍しいことではありません。しかし、レンズはカメラのパーツの中でも高額であることから、数を揃えるのは金銭的な意味で困難です。

そのため、中古品のレンズを選ぶ人も少なくないことから、中古市場では安定した人気を保つ製品として扱われています。不要なレンズの買取依頼を受け付けている業者は多いですが、すべての業者が価値を正しく理解しているとは限りません。

カメラの価値を知らない業者の場合、非常に安く査定することがあります。査定額に納得ができないまま売却しても後悔しか残らないので、そのような場合は避けるのが賢明です。高く売るにはカメラに詳しい業者を利用するのが確実ですが、近隣に無い場合は全国を対象にした買取業務を行っている大手のカメラ販売業者を選ぶのも一つの方法です。

カメラ販売を行っているだけあって、商品価値を正しく査定してくれるメリットがあります。また、レンズ以外のパーツも高く買い取ってくれる所が多いのです。近隣の業者の査定額に納得できない場合は大手業者を選ぶのが賢明と言えます。

レンズの状態による商品価値の変化とお手入れの方法について

カメラレンズは撮影に直結する重要なパーツなので中古市場でも高い人気がありますが、デリケートな作りなので傷みやすいという欠点もあります。例えば、レンズを形成するガラスはわずかな衝撃でも傷やヒビが入ってしまうことがあるので注意が必要です。

わずかな不具合であっても撮影時の影響が大きいので、買取依頼が拒否される可能性があります。また、カビや変色といった不具合もレンズの商品価値をゼロにしてしまうので、日頃からレンズの扱いには注意しなければいけません。

素手で触ったり湿気が多い所に置いたりするなどレンズの劣化に繋がることは絶対に行わず、専用のケースに入れて乾燥した暗所に置くことを厳守しましょう。さらに、落としたり物をぶつけたりるといったトラブルも避けるのがレンズを傷つけないための必須条件です。

カメラのレンズに傷や汚れを付けないためには何よりも保管の方法が重要なポイントになります。剥き出しの状態で放置すると触れていなくても次第に傷んでしまいます。日光や湿気による全体的な劣化だけではなく、空気中の埃も汚れや傷をもたらすのでレンズの大敵と言えます。

汚れが付着した場合はカメラレンズ用の清掃用品で綺麗にするのが良い方法です。空気を吹き付けて埃を取り除くブロワーや、こびり付いた汚れを浮かせて除去できるウェットタイプのクリーニングペーパーを使えばレンズが傷つく心配がありません。

また、日頃のお手入れについては専用のブラシでレンズの表面を拭くのが無難な方法になります。

中古レンズの相場の変化

カメラの中古パーツの相場は安定傾向にあり、極端に変化することはほとんどありません。カメラの需要があることが理由ですが、近年では携帯電話やスマホなどの通信端末に撮影機能が付随していることから、わざわざカメラを新しく買いそろえる人が減少しているのも事実です。

とは言え、販売価格が大きく下がることは無く、レンズも新品であれば非常に高額です。そのため、中古レンズは一定の需要があり、年式が古いレンズでも状態が良ければ高く買い取ってもらえる可能性があります。また、近年では一眼レフカメラのフォルムの美しさが見直され、インテリア用品としての用途で中古のカメラやレンズを購入するケースが増えています。

宅配買取を行う業者を利用する際に注意するポイント

カメラ12

不要になったカメラのレンズを高く売る方法として、宅配買取を受け付けている中古業者の利用が挙げられます。中でも、カメラに詳しい業者であれば、他の業者よりも高く買い取ってくれる可能性が高いのが魅力ですが、宅配買取は査定してもらうレンズを先に相手に送る形になるので注意が必要です。

査定額に納得できない場合は返品してもらうことができますが、その際の送料は査定を依頼した側が負担するのが一般的です。お金を得るための買取依頼で逆に支出が生じたという事態を避けるためにも、宅配買取を利用する際は事前の情報収集を入念に行うことが大切です。

宅配買取業者の良し悪しは買取価格の高さ以外に送料の有無や個人情報の管理など様々な事柄で評価されます。そのため、どういう理由で評判が良いのかを確認しなければ、優良店とされている業者に安く買い叩かれたという事態になりかねません。

単に評判が良いという理由だけで安易に即決せず、一円でも高く買い取ってくれる所を見つけるように心がけましょう。ネット上で簡易的な査定を行っている中古業者も増えていますが、レンズの状態の良し悪しは最終的には査定する人の主観で決まるものなのであまり参考にはなりません。

業者の良し悪しを判断する材料である口コミについても、査定について記されている物を参考にすることが重要になります。

中古カメラの買取相場を正しく判断するコツ

中古カメラの買取相場は極端に変化することはほとんどありませんが、それでも新商品が販売されると相場に影響が及びます。手持ちのカメラを売却して新商品を購入する人が少なくないためです。多くの場合、新商品が販売される前後に買取依頼が増加するので相場もそれに伴って変わります。

一時的に価値は下がりますが、レンズを複数用意する目的でまとめ買いをする人が増えることから短期間で元の状態に落ち着くのが普通です。そのため、不要になったレンズを高く売るには新商品が販売される前後を避けるのが賢明と言えるでしょう。